昭和の恋と平成の恋の不同とは一体何?

時は昭和。
まだ電話電話も弱い頃のハナシだ。

ボクに初めて彼氏ができたのは、実績して1人暮らしをしてからのことです。
今の若者からは考えられない、奥手な女性大ライブでした。

マイホームにいた頃は父母が高く、夫から電話がかかってこよう物質なら、即ガチャン!
マンション通いの学生時代には、近しいボーイフレンドなどできみたいもありませんでした。

側はみな、アッシー君だのメッシー君だの複数はべらせて、それはそれはデラックスで楽しそうな女性大生生命を満喫しているのに、自分は…!
厳格な父母の「赤ん坊はいません、ガチャン!」さえなければ…
と、どれだけ黒電話をうらめしく眺めたか、わかりません。

なので、自宅を出てから、真っ先に買ったのは、留守番電話。
初めての自分だけの電話だ。

これで、おもう存分、色恋がやれる!
と本気で信じていました。

自分の見解での回答メッセージを吹きこんでは、
素っ気なさすぎるかしら?
いいえ、これだと、媚びてるみたいだわ…
と何度もやり直しては、ワクワク心音。

これから、一体何方からどのくらいここに電話が掛かるのかな?
と胸をときめかせていた、純情すぎる23才の春。

そして、友人の紹介で知り合った人からの電話が、たびたび鳴るようになったのは、留守番電話を買って1ヶ1箇月の頃でした。

リン、となると、あの人かな?とドキドキしながら気取った見解で電話を取り、お風呂に入っている間にかかってきたら危険!と、いそいそと留守番電話をセットします。

毎晩1時間は貫く、初めてできた彼氏との電話は、それぞれなかなか切れず、
「切って」「いや、君から切ってよ」「じゃあ、いっせいのせ、ね!」
と、昨今で言う「バカップル」自体でした。

そつて蜜1箇月が過ぎ、分かれをどうやって切りだそうか躊躇う状況には、
電話が鳴り渡るとドキリとして、彼氏だったら出たくないな…と居留守を活かし、留守番電話をパッケージ。
別の友人の見解がすると、慌てて受話ケースを盗るという生活。

ついに分かれを切り出したのは、信書でした。
会って話す根性はないけれど、電話でお離れ、なんて失礼なことは出来ない、と悩んだ末日の、最後のお便り。

ネットで色恋人をみつけ、LINEでバイバイを呼べる最近は、確かに便利だけれど、
こんなトキメキやドキドキは、絶対に味わえないのではないでしょうか。

そしてあれから四半世紀たった今、あの初めての彼氏は、昨今どうしてるのかな?と、時折思い返すこともあります。

SNSなどで調べれば分かるかもしれないけれど、昭和の色恋には似合わないので、それはやりません。

あの時代の表号とも当てはまる、記号のついた電話とともに、心の深層に、そっとしまっておきましょう。
プロフェッショナルスレンダーメイクレギンスが気になる方はこちら。